Portfolio 古材の魅力 Old materials charm

古民家で使われていた、古い建具や板材など『古材』を再利用しビンテージなカッコよいものとして生まれ変わらせます。

リノベーションや古材の活用は、『世代を超えて文化を引き継ぐ』意味のあることだと思っています。

古材の魅力。こちらは古民家。古材の持つ温もりや懐かしさは、長い時間をかけて自然に生まれた風合いです。新しいものには決して真似できない、良さがあります。

古い建具(障子の枠)をカラフルな和紙でリメイク。

店舗(居酒屋)の視覚的な間仕切りに採用しています。

 

茨城県境町 DiningBar若菜亭

〒306-0433 茨城県猿島郡境町81-15

キッチンカウンターに古材をアクセントに貼っています。

グリーンを基調にしたタイルとダーク系の古材を合わせました。

 

茨城県境町 河岸の駅さかい

〒306-0433 茨城県猿島郡境町1597

古材の梯子。(はしご)

昭和30年代に実際にお菓子屋さんで使用されていた本物の梯子。

小豆島からやってきた巨大醤油木桶にアクセントに合わせました。

 

茨城県境町 河岸の駅さかい

〒306-0433 茨城県猿島郡境町1597

パン屋さんの古材カウンター。

古材の木目、あたたかい質感、色のまだらな感じがとても良いビンテージ感で、パンを華やかに演出してくれると思います。

 

茨城県境町 河岸の駅さかい

〒306-0433 茨城県猿島郡境町1597

築400年の古民家から頂戴した年代物の木製建具。

仕切り過ぎたくない間仕切りに活用させていただいています。

 

茨城県境町 河岸の駅さかい

〒306-0433 茨城県猿島郡境町1597

古材のアトリエテーブル。

色鮮やかなチョークアート作品を控えめに引き立てる古材テーブル。

 

〒330-0801 埼玉県さいたま市土手町3-88-1テラ・ヴェローナ大宮105

チョークアートの白墨堂

古材のワークショップテーブル。

重厚感のある古材テーブルを囲んで行うワークショップ。

 

〒330-0801 埼玉県さいたま市土手町3-88-1テラ・ヴェローナ大宮105

チョークアートの白墨堂

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です